《チュニジア共和国:Tunisia》


【 10ディナール 】


《 解説 》
表面の肖像は、「イブン・ハルドゥーン Ibn Khaldoun (1332-1406) 」です。
イスラム世界最高の歴史哲学者として有名である。チュニス出身で法学
を学び、政治家となり若くして北アフリカのハフス朝(1228〜1574)の高官
となったが、妬まれて各地を転々としたり投獄されるなど波乱の半生を過
ごした。43才で政界を引退し、歴史書の執筆にあたった。「世界史序説」
を著し、遊牧民と定住民との関係・交渉を中心に王朝興亡の歴史に法則
性があることを論じた。表面右側には、狭い裏通りのような街並みが描
かれています。裏面には、非常に緻密なデザインの絵が描かれています。
この本は、コミックブックと書かれています。芸術的にも評価の高い紙幣
です。