《仏領サンピエール・ミクロン:ST.Pierre Miquelon》


【 20フラン札 】


《 解説 》
カナダのニューファンドランド島の南方沖にありサンピエール、ミクロン
両島を含む8つの島から成る。総面積242平方km。人口6700人(1998
年)。政庁所在地はサンピエール (St. Pierre、人口5700人)。1660年
以来フランス領。1976年海外県となったが、経済水域をめぐるカナダと
の関係を考慮し、85年6月海外領土に。現在の通貨はフランス・フラン。
主要産業は漁業。80年代後半からカナダの経済水域での操業が制限
され、漁業は停滞し、観光や企業誘致を促進しているそうです。
表面の肖像は、「エミール・ジェントル EMILE GENTIL (1866-1914)」
です。海軍士官、探検家、植民地管理者をした人物だそうです。