《ポーランド共和国:Poland》


【 10ズオチ札 】


《 解説 》
表面の肖像は、「ミェシコ1世 Prince Mieszko I (922-992)」です。
ピアスト王朝の創立者で初代国王。ミェシコ1世は激動の時代、西の
スロヴェニア地方の種族のいくつかを統合し、ボヘミアの王女と結婚。
この婚姻により、キリスト教に改宗し内外への影響力を強化しました。
その結果、ポーランドはカトリック的ヨーロッパ文明の一員とみなされ、
その時代の最も大きな力、ローマ教皇の権威および帝国との関係を
確立しました。ミェシコ1世の統治時代には既に現在のポーランドと同
じくらいの領土を有していました。991年、ミェシコ1世はポーランドを
教皇庁に寄進し、これを教皇の手からあたえられるということを行っている。
これはヨーロッパ最初の自国の寄進の例であった。裏面に描かれている
のは、ミェシコ1世統治時代の銀貨です。