《ペルー共和国:Peru》


【 500インティス札 】


《 解説 》
1991年7月に通貨の切り下げがあり、それまでの100万インティスIntisから
0を6個とって1ソル(Sol)、複数でソレス(Soles)になっています。表面の肖像は、
「トゥパク・アマル二世」です。日本大使館占拠事件で一躍有名になりました。
もともとは、インカ帝国の子孫で白人支配に対する抵抗運動を指導した人物で、
ペルーでは英雄だそうです。裏面はアンデスのトレッキングの図が描かれています。