《パキスタン・イスラム共和国:Pakistan》


【 10ルピー札 】


《 解説 》
表面の肖像は、「ムハンマド・アリ・ジンナー(Quaid-i-Azam Mohammad Ali
Jinnah:1876-1948)」です。裏面に描かれているのは、モヘンジョダロの遺
跡です。モエンジョダロは、カラチの北約300Kmに位置し、世界4大文明であ
るインダス文明最大の遺跡です。紀元前2500年頃インダス川流域で栄え
た都市。下水道発祥の地でもあり、建物や道路をはじめ下水道まで、ありと
あらゆるものが煉瓦で造られていました。インダス文明は文字、民族、神殿
・滅亡原因など多くのことが未だ謎に包まれており、解明される日を待って
います。

[ホームに戻る] [アジアに戻る] [パキスタンに戻る]