《ハンガリー共和国:Hungary》


【 200フォリント札 】


《 解説 》
表面の肖像は、14世紀にハンガリーの領土をバルカン半島全体に
まで拡張した名君「カーロイ・ローベルト Karoly Robert (1288-1342) 」
です。裏面には、ディオーシュジュール(Diosgyor)城が描かれています。
4本の塔が印象的なミシュコルツにある古城です。


[ホームに戻る] [ヨーロッパに戻る] [ハンガリーに戻る]