《フランス共和国:France》


【 100フラン札 】


《 解説 》
表面の肖像は、画家「ポール・セザンヌ Paul Cezanne (1839-1906) 」です。
後期印象派の代表的画家、セザンヌは生涯にわたって造形的な探究を続
けた画家だった。色彩が響き合うような筆遣いと堅牢な画面を特徴とする
セザンヌの作品は、多くの人の心を引きつけてやまない。
セザンヌは静物画の分野でいち早く自分の様式を確立した。晩年の静物
画は、古典主義的な構成の中にバロック的な動勢と自由さ、それに叙情性
が加わって、完成された画風といえる。
裏面には、1880年頃の作品「りんごとビスケット」が描かれています。

[ホームに戻る] [ヨーロッパに戻る] [フランスに戻る]