《フランス共和国:France》


【 200フラン札 】


《 解説 》
表面の肖像は、「アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル Alexandre Gustave
Eiffel (1832-1923) 」です。1887年〜1889年にかけて、革命100周年を記念して
開催されるパリ万国博覧会のモニュメントとして、鉄骨による巨大な塔を建設
しました。これが有名なエッフェル塔です。完成当時は賛否両論だったが、今
ではパリを代表するシンボルとなっています。エッフェルは、この塔の建設を
請け負った「エッフェル社」の創業者。裏面には、1889年のパリ万博での様子
が描かれています。

[ホームに戻る] [ヨーロッパに戻る] [フランスに戻る]