《エジプト・アラブ共和国:Egypt》


【 5ポンド札 】


《 解説 》
表面は、イブン・トゥルーン・モスク(The Ibn Touloon Mosque)です。トゥールーン朝を開いたアフマド・イブン・トゥルーンによって879年に建てられた。古典的な中庭方式を用いて建てられており大きな円柱が美しい。現存するカイロ最古のモスク。裏面は、エジプトに恵みをもたらすナイル川の象徴。中央にナイルを表す壁画の絵があり、左側には古代エジプトから神として崇められた太陽、右側に太陽からいくつも手が伸びているアトン神、紙幣下には青いフレームが水平に描かれている。この中には古代のナイル川の交通手段や農作業の絵などの壁画が使われ、豊かな大地を象徴している。