《ドミニカ共和国:Dominican Republic》


【 20ペソ札 】


《 解説 》
表面の肖像は、将軍「グレゴリオ・ルペロンGregorio Luperon (1839-1897)」
です。裏面の建物は「パンテオン Panteon Nacional 」です。旧市街の東方、
ラス・カサス・レアル博物館(MuseodeLasCasasReales)の並びに位置する荘
厳な建物。1714年にイエズス会の教会として建てられたもので、現在は前
大統領のペドロ・サンタナ(PedoroSantana)やマリア・トリニダット・サンチェス
をはじめとするドミニカ歴代の総督や政治家、国民的英雄たちが眠る霊廟
となっている。建物の中央部には永遠の火が灯されていて、決して絶やされ
る事はないそうです。

[ホームに戻る] [北・中米に戻る] [ドミニカ共に戻る]