《ドミニカ共和国:Dominican Republic》


【 200ペソ札 】


《 解説 》
表面の肖像は、ミラバル姉妹です。1950年代にラファエル・トルヒーヨの独裁政権
に反対した活動家で、何度となく収監・投獄の目にあいながら最後まで、姉妹は
トルヒーヨの独裁政権と戦い続けた。1960年11月25日、姉妹は捕らえられ殴打の
後絞殺されました。ミラバル姉妹の死は大衆の大きな怒りを招き、後にトルヒーヨ
暗殺の一つのきっかけになったと言われています。肖像は、左から
(長女)パトリア・メルセデス・ミラバル Patria Mercedes Mirabal (1924-1960)
(三女)ミネルバ・アルヘンティーナ・ミラバル Minerva Argentina Mirabal (1926-1960)
(四女)アントニア・マリア・テレサ・ミラバル Antonia Maria Teresa Mirabal (1935-1960)