《コスタリカ共和国:Costa Rica》


【 2,000コロン札 】


《 解説 》
表面の肖像は、毒物学者「クロドミロ・ ピカド Dr. Clodomiro Picado Twight
(1887-1944) 」です。毒ヘビの研究で知られ、血清開発に大きな貢献をした
人だそうです。中央には本土から約420Km離れた「ココ島」が描かれていま
す。裏面には、「シュモクザメ Tiburon Martillo (西語) 」と「イルカ」が描かれ
ています。ココ島は世界中のダイバーのあこがれの島で、シュモクザメ出現
の世界的なポイントでもあるそうです。

[ホームに戻る] [北・中米に戻る] [コスタリカに戻る]