《オーストラリア:Australia》


【 20ドル札 】


《 解説 》
表面の肖像は、「マリー・ライビー Mary Reibey (1777-1855) 」です。女性
実業家の草分け的存在。イギリス人の彼女は産まれてすぐ両親が死去。
その後士官学校へ入れられたが逃げ出す。14歳の時に馬を盗んだ罪で
オーストラリアへ流刑される。17歳の時に結婚。彼は貨物船の仕事を始
め手広く繁栄させる。夫の死後、7人の子育てと夫の残した会社を更に
繁栄させ富と名声を得、一大実業家となった。裏面の肖像は、「ジョン・
フリン John Flynn (1880-1951) 」です。フライング・ドクター制度の創始者。

[ホームに戻る] [オセアニアに戻る] [オーストラリアに戻る]